墓石のタイプ

地蔵

墓石の基本的な構造は、和型と洋型に分かれています。 墓石の日本独特のスタイルを和型といいます。独特とはいっても、基本的には仏教型です。昔は、五輪塔や多宝塔なども多く見られましたが、最近ではいわゆる和型三段型が一般的になりました。 墓石の和型三段は、三つの石から構成されます上から順番に仏石、上台石、下台石といいます。 納骨する場合は、地面に接する石、即ち芝石の下の納骨棺でカロートと呼ばれます。関東、関西ではカロート構造には若干の相違があります。関東の墓石はコンクリートで全体を囲みますが、関西では底部分は土のままとします。大地に帰るという考え方がその根底にあるのです。平均的なサイズはカロートで5から8柱のお骨が納められます。

お墓や墓石は、亡くなった方への敬愛の情や感謝を込めて、また成仏を願う真心の現れとして、亡くなった方を供養する為に子孫末代まで大切にするものと考えられます。 昨今では「終活」という言葉が流布され、生前から自分の葬式やお墓について、自分で考え準備する人も多くなってきました。 価値観やライフスタイルが多様化する中で、終の棲家である墓地や墓石についても、選択肢も増え自由に選べる時代になったといえるでしょう。 墓石には様々な種類があり、国産で50種類以上、外国産で100種類以上の石があります。石材を決めると今度は磨き方やスタイルで印象がまた変わりますので、具体的なデザインも決めることになります。一昔前に比べると、格段に選択の幅が広がっている、墓石選びを楽しみましょう・。