思い出を整理する

お数珠

遺品整理を業者に依頼する際には、注意をしなければならない点があります。それは、遺品として何を残し、何を処分するのかをきちんと分別しておくことです。 作業当日、遺品整理の業者が作業をする場に依頼者が立ち会い、遺品の処遇をいちいち確認をしながら分別をすることも可能なのですが、それでは時間が掛かってしまい効率的であるとはいえませんし、よくよく考えてから判断する時間もありませんので、後悔することにもつながります。 そのため、遺品整理を行なう前に、残すものとそうでないものを分別することによって、作業は効率的になり、時間の短縮にもつながります。遺品整理をすることによって、残しておきたかったものを誤って処分してしまう可能性も減らすことができるのです。

年老いた親がなくなって実家を整理することになったが、あまりにも大量の遺品に仕事の片手間ではどうにもならない、まだ思い出がありすぎて辛いので自分で遺品整理をする気持ちになれない時に強い味方になってくれるのが、遺品整理業者です。 核家族化や少子化でますます需要は高まり、また大量の遺品や大きな家財道具を処分するのは個人では大変ですが、回収したものの処分まで請け負ってくれる業者も多いです。 しかし需要の高まりと同時に、見積もり以外の高額な回収費を請求したりする業者と、良心ある業者の見極めはなかなか難しいことです。国家資格ではありませんが、遺品整理士認定協会という協会が、遺品を大切にまた適切に整理する人にのみ認定する「遺品整理士」という肩書きを持つ人がいます。もしどこの業者に頼めばいいかわからない時は、この肩書きが決め手となることもあります。