法律的に保護する

ご霊前袋

高齢化社会になって認知症になる人の割合も増えてきています。認知症になると物事の判断が難しくなり、例えば訪問販売などで高価な品物を購入させられたり、悪意のある人間に騙されて金品を巻き上げられる危険性が高まってきます。 このような人たちを法律的に保護する目的で作られたのが成年後見制度です。援助する人間を家庭裁判所に選んでもらうもので、成年後見制度は2000年4月にそれまでの禁治産、準禁治産制度に変わって設けられました。 成年後見制度は裁判所の手続きによて後見人を選定する法定後見と、本人が将来に備えて後見人の候補者を選んでおく任意後見があります。成年後見の手続きの流れとしては、家庭裁判所に申し立て手続きをしますが、この時の申し立てや手続き書類の作成は自分で行なってもいいですし、集める書類も多岐にわたるので、専門家であるところの司法書士に相談にしてみるのが安心かも知れません。

成年後見制度とは、2000年にドイツの世話法やイギリスの持続的代理権授与法を参考にして作られました。この制度では、認知症や知的障害等によりの判断能力が不十分な人が、そのことを理由にして適切な社会的なサービスに必要な手続きができなかったり、悪質な商法等の被害にあわない様に保護し、支援するための制度です。 成年後見制度利用するためには、必要な手続きを行う必要があります。また、この成年後見制度の手続きのためには、おおよそ2か月の期間が掛ります。 まず、手続きの始まりとして、家庭裁判所に申し込み行います。その後家庭裁判所から、成年後見人の候補となる人が面接を受けます。その後、必要と判断されれば精神鑑定等を受けた後、成年後見人の候補者が適切どうかの審判が行われます。適切と判断されれば、家庭裁判所から審判書謄本が渡されて、成年後見人と認められます。